オルタネーターブラシ交換【どのくらいもつ?何万kmで交換したらいいの?】カローラ 110系

こんにちはとし(@toshi_blog)です

オルタネーターブラシ交換を行いました

オルタネーターブラシの役割とは?
電気を生成する発電機の中の部品です。磨り減りながら電気を生み出します

定期的に交換が必要な部品です
交換推奨は10万kmごとです
今回外してみましたが実際には15~20万kmもつと思います
しかし、発電系統にトラブルが出ると走行不可能になりますので交換します
現在の走行距離は10万kmちょっと超えたぐらいです

用意するもの

オルタネーターブラシ

トヨタディーラーやトヨタ部品共販で購入できます
¥1100位

各種レンチ

10mm前後 数種類

セットで揃えてしまうのもありです
↓こちらは6ヶ月保証付き。プロも愛用のメーカーです

長く使うならこれ ↓ 保証はないけど高品質です

 

プラスドライバー

交換開始!

ベアリングからは異音などは無いので、ブラシのみ交換とします

まずはバッテリーのマイナス端子を外します

感電防止のため必ずはずしましょう

次にオルタネータの端子・カバーを外します

端子・ブラシ部のカバーのナット3個を外します
カローラは整備性が良すぎますね
ブラシ交換なのに車からオルタネータを外す必要がない…

ブラシを外します

ボルト2コで外れます

外したブラシを比べてみましょう

10万kmほど走行しましたが1/3くらいしか減っていません
もちろん車の走り方・使い方によるとはおもいますが
15~20万kmは余裕でもちそうです
安い部品なので交換して損は無いとおもいますが、、、

このブラシは多数の車種で採用されているようでカローラが古いから欠品、という事は無さそうです

スリップリングを確認しよう

スリップリングは多少の段付きはありましたが異常な減りは無いのでそのまま使用します
ブラシのカスがあったので息を吹きかけ軽く清掃?しました

ブラシを取り付け元に戻して終了

充電電圧を測りたいのですが機器がないのでどうしましょう?

エンジンをかけましたが異音も無い様なのでおしまいとします

ブラシ交換をする前に確認したいこと

異音が出ている場合・十分な発電が行われていない場合は
ブラシ交換では直らない可能性が高いです
オルタネーターの交換を検討してください

1.新品交換
2.オーバーホール(分解清掃・消耗品を交換)
3.リビルト品(オーバーホール済み品)と交換

上記のようなバリエーションがあります
予算に合わせて検討してください

まとめ

今回は整備性の良いカローラだったので簡単でしたが
他の車種は車両からオルタネータを外す、という作業が追加されるかもしれません
出来ない場合はプロにまかせてしまうことも検討してみてください

くるまいじりにはこの本