自分で出来るエンジンオイル交換【説明画像あり】¥1500以内

こんにちは とし@toshi_blog)です

今回は【自分で出来るエンジンオイル交換】です!!

愛車のエンジンオイル交換してますか?
あまり距離を走ってない方でも半年に一度は交換した方が良いですよ
交換しないと最悪、エンジンが焼きついて走行不能となります
エンジンオイルは車の血液ですので必ず交換しましょう

目安としては6ヶ月・5000km
エンジンオイルフィルターはオイル交換2回に対し1回

詳しくは車の車検証入れに入っている
説明書・整備手帳で
必ず確認してください

目次

用意するもの

エンジンオイル 3.7ℓ

エンジンオイルフィルター

ドレンパッキン トヨタ用

メガネレンチ トヨタは大体14mm

オイルフィルターレンチ

オイル受け

ウエス

パーツクリーナー(無くてもOK)

あると便利!!

カースロープ

 

車種によって使用部品は変わります!!
愛車に適合する物を買いましょう!

交換手順(下抜き) 作業時間は約45分

1. ボンネットを開けてフィラキャップを開く。オイルゲージを抜く

2. 車本体をジャッキアップして、リジッドラックをはさむ

私はスロープ使ってます。ジャッキアップしなくていいのでラクです

4. オイル受けを車体底面オイルパン部分のドレンボルトの下におく

5. レンチを使ってオイルパン部分のドレンボルトを外す

6. ドレンボルトについていたパッキンを新品に交換する

7. レンチを使ってオイルパン部分のドレンボルトを新品のワッシャーと共に締める

トルクレンチの使用をオススメします。

8.オイルエレメントを外す

9.新しいオイルフィルターのパッキンに薄くエンジンオイルを塗る

10.オイルフィルターを取り付ける

モノタロウフィルターの場合
シール面にパッキンが接触後、取り付け工具で3/4回転締め付け
(締付トルク12~16N・m)

◎シール面にパッキン接触時↓

◎3/4回転締付け後↓

※モノタロウのフィルタには①・②・③・④と90度ごとに番号が書いてあるので3/4回転が分かりやすくなってます

11. ジャッキアップを元に戻し、新しいエンジンオイルを入れる

適正量が分からない時は抜けた量の7割くらいを入れてみてゲージで確認しながら入れましょう

12.フィラキャップを締める

10. エンジンをかけて暖機運転をする

11.エンジンを止めてから 1分ほど待ってエンジンオイルゲージを確認し適正量が入っていることを確認。足りなければ追加

コスト

エンジンオイル 4ℓ使用 ¥1340 トヨタ純正・Amazon
オイルフィルタ ¥949 アストロプロダクツ・Amazon
ドレンパッキン ¥64 ストレートツールカンパニー・Amazon
合計 ¥2353
オイル交換のみなら¥1404

工具をそろえるとそれなりの出費になりますが
揃えてしまえば安くオイル交換が出来ることになります
車を複数、所有されている方はさらにメリットが大きくなりますね

初めての方は上抜きがオススメ

初めてエンジンオイルを交換される方でドレンを外すことに不安のある方は
上抜きでの交換がオススメ!

エンジンオイルの上抜きとは?

ボンネットを開けて、エンジン上側のオイルゲージからホースを入れて、ポンプで古いエンジンオイルを抜き出す方法のこと

メリット

・ジャッキアップが不要
・ドレンボルトを取り外さない為、ドレンボルトのネジを痛めない。
・ドレンボルトの閉め忘れによるオイル漏れも起きない.
・ドレンボルトのパッキン交換の必要がない.

デメリット

・車種によっては上抜きができない
・古いオイルを出し切ることができない可能性がある
・専用のポンプが必要になる

廃オイルの処理は?

私は「廃油処理箱」は使わない派です。捨てる為の箱代もったいないというのもありますが
廃オイルも適切なところに持っていけばリサイクルされるからです
適切な所とはは、ガソリンスタンドやディーラー等になります
いつも行っているところなら断られることも無いと思いますよ
↓空のペール缶にを溜めて、一杯になったら持って行きます

まとめ

使うものさえ用意できていればそんなに難しくはありません
自分でメンテナンスすると愛着も湧きますし
愛車の状態をより理解することができます